2016年01月02日

「原因」と「結果」の法則(3)困難を超えて

   1月2日(土)  至高の正義の存在



 感情の奴隷となっている人たちが不正義だけを見ている場所で、感情を克服してい
る人たちは、原因と結果に目をやり、「至高の正義」の存在を確認しています。そう
いった人たちにとって、自分自身が不当な扱いを受けていると感じることは、もはや
不可能なことです。なぜならば、彼らはすでに、不正義を見ることをやめてしまって
いるからです。

 彼らはもはや、自分自身を傷つけることも、だますこともしておらず、そのため
に、彼らを傷つけたりだましたりすることのできる人間は一人もいないことを知って
います。たとえ誰かにどんなにひどく扱われようと、彼らは決して傷つくことがあり
ません。自分に何が起ころうと、それは、自分自身がそれ以前につくった原因の結果
である、ということを知っているからです。彼らはまた、自分に起こるすべての出来
事を良いものとしてとらえ、そのすべてを喜んでいます。自分の敵さえも愛し、自分
を呪う人たちさえも祝福し、そういった人たちを、「盲目ではあるが、偉大な《法
則》に対する自分の道徳的負債

の支払いを可能にしてくれた、ありがたい存在」としてとらえています。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日のつぶやき
























































































































posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする