2016年01月24日

「原因」と「結果」の法則(3)困難を超えて

   1月24日(日)  真の決意を固めているか



 真の決意は、軽い思いつき、気まぐれな衝動、曖昧な願望などとは相容れないもの
です。それは、長く続けられた真剣な思い、長期にわたった苦闘、あるいは、いまだ
満たされていない熱い願望の上に築かれるものであり、あなたは、それを手にしてい
るとき、目的地に到達するまでは何があっても前進をやめない、と固く心に誓ってい
ます。

 決意を固めたと口で言うのは簡単です。もしそれが軽々しい未熟なものであったと
したら、そんなものは決意でも何でもありません。最初の困難にぶつかるや、粉々に
砕け散ってしまうことになるからです。

 決意は、じっくりと時間をかけて固められるべきものです。何らかの強い願望を抱
いた人間が、それを達成する不動の決意を固めるためには、まずその願望を念入りに
分析し、その正しさと、それを達成することの大きな価値を認識しなくてはなりませ
ん。つづいて、目的地に到達する過程で直面しうるあらゆる状況、あらゆる困難を想
定し、それらに対する備えを行うとともに、不測の事態に立ち向かう心の準備も十分
に整えなくてはなりません。

 そしてそのうえで、自分が真の決意を固めているかどうかを、しっかりと確認する
必要もあります。「自分の心は、完璧に固まっているのだろうか。恐怖や疑いを排除
しているだろうか」と自問することによってです。それに対する正直な答えが「イエ
ス」だったとしたら、その決意は不動のものであり、その強力な助けを得て、やがて
願望は達成されることになるでしょう。

 急いでなされる決意は、もろくて壊れやすい決意です。決意はじっくりと強化され
て初めて持続性を身につけます。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日のつぶやき


























































































































posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする