2016年02月20日

「原因」と「結果」の法則(3)困難を超えて

   2月20日(土)



 自分自身と人類全体の進歩を心から願っている人間は、ある神聖な心の姿勢を身に
つけ、維持できるよう、たゆまぬ努力を続けるべきです。その姿勢を身につけること
で、人間は、つねに他人の立場に立って考えることができるようになります。

 そのときから人間は、人々を残酷に、しかも誤って評価することで、自分自身と
人々の双方をより不幸せにする代わりに、人々の体験のなかに進入し、人々の心の内
を理解し、人々のために感じ、人々と同調することで、自分自身と人々の双方に、よ
り大きな幸せをもたらせるようになります。

 この心の姿勢の最大の敵は、「偏見」です。それを心から取り除くことができない
かぎり、「自分がしてほしいと考えていることを人々にしてあげる」ことは、誰に
とっても不可能なことです。

 偏見は、優しさ、思いやり、愛、そして正しい判断力の破壊者です。偏見の強さ
は、残酷さ、不親切さの物差しです。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日のつぶやき






















































































































posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする