2016年05月16日

「原因」と「結果」の法則(4)輝かしい人生へ

   5月16日(月)  穏やかな人間の人生



 完璧に穏やかな人生は、後悔や自責の念につながる刹那的な快楽などとは無縁の人
生です。完璧に穏やかな人間にとって、馬鹿げた喜びに身を任せたあとで、同等に馬
鹿げた落胆を味わうなどということは、もはや考えられないことです。

 穏やかな人生は、それ自体が喜びであり至福です。ほとんどの人間がしかたなさそ
うにこなしている日常の義務も、穏やかな人間にとっては喜びの種にほかなりませ
ん。

 そうなのです。穏やかな人生のなかでは、「義務」という言葉は「幸せ」と同義語
になっているのです。そこでは、義務は幸せを奪うものなどではなく、幸せをもたら
してくれるものであるからです。

 穏やかな人間とは、すべてを正しく、ありのままに見ることのできる人間であり、
そんな人間にとって、義務を果たして誰かの役に立つことは、喜び以外の何ものでも
ありません。義務と幸せが分離されているのは、感情の奴隷となっている人たち、す
なわち物事をありのままに見ることのできない人たちの、心と人生のなかにおいての
みなのです。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日のつぶやき
































































































































posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする