2016年06月01日

「原因」と「結果」の法則(4)輝かしい人生へ

   6月1日(水)



 気高さを極める旅の初期段階において、人間は悪のパワーに直面し、その圧倒的な
威力にたじろぎます。しかしながら、やがて洞察力がもたらされ、その神聖な光が心
と人生に当てられると、悪とは、小さな、暗い、パワーをもたないものであり、たん
に「善が否定されている状況」にすぎないことが判明します。

 鋭い洞察力の持ち主たちは、「悪は知性のパワーなどではなく、その本質は無知で
あり、あらゆる過ちと苦悩がそのなかから出現する」ということを知っています。
「悪とは無知にほかならない」ということを知ったときから、私たちは、悪を嫌うこ
とができなくなり、罪を犯し、苦悩している人間のすべてに同情を寄せるようになり
ます。

 悪の性質と起源を知ることで悪を克服した人たちは、どんなに罪深い人間をも嫌う
ことができません。彼らは、罪を犯す人間の人格が低いレベルにあることを見抜いて
はいますが、それが無知によって引き起こされていることを知っており、洞察力をも
たなければ嫌悪や軽蔑を感じて当然な場面でも、哀れみ、応援します。洞察にはつね
に愛がともない、哀れみは知識からうまれます。

 自己浄化のプロセスで育まれる洞察力は、やがて完璧なレベルに到達し、「成熟し
た人格」としてその姿を現します。その人格のなかでは、不動の強さと優しさが同居
しています。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日のつぶやき






































































































posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする