2016年06月27日

「原因」と「結果」の法則(4)輝かしい人生へ

   6月27日(月)  訳者あとがき (坂本貢一)



「何かあって落ち込んだりしたときにでも、読んでごらんなさい。すぐに元気になる
から。人生なんて、本当はとても単純なものなのよね」

 親交のあったある米国人女性が、本シリーズの第一弾『「原因」と「結果」の法則
(AS A MAN THINKETH)』の原書をくれるときに添えてくれた言葉です。あれからす
でに十数年がすぎていますが、私はいまだに、アレンの本を知り合いに推薦するとき
に添える言葉として、これ以上の言葉を見つけられないでいます。「私たちが人生の
なかで体験することは、そのすべてが、私たち自身の思いに起因している。よって、
私たちは、自分の思いを改善することで、いくらでも人生を改善できる」とアレンは
言います。しかも彼は、これには例外がないとまで言いきっているわけです。

 本当にそうなのでしょうか。私はそうだと思います。

 たとえば、優しい思いは、優しい表情や言葉、行動、雰囲気などとして表に現れ、
周囲の人たちからの優しい反応を引き寄せます。意地悪な思いは、おなじようにし
て、意地悪な反応を引き寄せることになります。

 また、達成された目標のすべてが、思いの結果です。思いが目標を生み出し、思い
がその達成を計画し、思いが必要な努力を促します。このようにして、わたしたちが
めぐらすあらゆる思いが、その内容に相応しい結果を出現させるわけです。そして、
そうやって私たちがこれまでに出現させてきたあらゆる結果が積み重なり、また絡み
合って、私たちのいまの人生ができあがっている、ということなのではないでしょう
か。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日のつぶやき




























































































posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする