2016年07月02日

「原因」と「結果」の法則(4)輝かしい人生へ

   7月2日(土)



 私も、まったく同じ感想をもつ人間の一人です。アレンの言うとおりに生きられた
らどんなにいいかと考えながらも、それに反することを本当にしょっちゅう行ってし
まっている人間なのであります。とくに腹を立てる癖、これがなかなか直りません。
ただ、私はこんなふうにも考えています。

 これだけの本を書いた人です。。もしもアレンが、彼の哲学を受け入れながらも、
そのとおりに生きられないで悩んでいる人に出会ったとしたら、おそらく、こんなこ
とを言ってくれたのではないでしょうか。

 「そんなに固苦しく考えなくて、いいんだよ。人生は幸せになるためにあるんだ。
失敗するたびに悔やんだりしていたら、幸せになんか生きられないじゃないか。自分
が失敗を犯してしまったときに、そのことに気づくことができて、同じ失敗はもう犯
さないようにしようと考えることができたなら、それで充分だと思うよ。

 それでもまた、君は同じ失敗をしてしまうかもしれない。そしてそれも、人間であ
る以上、よくあることで、決して悔やむようなことなんかじゃない。悔やんだりする
ことで人生を複雑にしてしまったりは、しないことさ。そのときにもまた、今度こそ
は失敗しないようにしようと考えて、前に進めばいいんだ。

 失敗なんか何度したってかまわない。理想的な人間として生きる理想的な人生を目
標にして、いつかはそこにたどり着きたいという思いを抱きつづけられたなら、僕は
百点だと思うね。そもそも、人生は一回限りではないんだしね。そんなに急がない
で、楽しく、ゆっくりと前に進むことさ」

   2004年 6月                    坂本 貢一
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日のつぶやき


































































posted by 林田カイロプラクティック院 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする