2016年09月16日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   9月16日(金)  出処進退



 権力や名誉等に執着したり動かされたりすることなく、しかもそれを否定せずに悠
然として自然にまかせてゆく。已むを得なければ大臣にも宰相にもなるが、時来れば
悠然として去る。そして去るにも留まるにも少しも煩悩や欲望の跡がない。こういう
事を出処進退と申すのであります。



   かりそめの気持ちでやらない



 「正義の実行」を、確実に現実化するには、何をさしおいても、平素の言葉や行為
を、いかなる場合にも、かりそめの気持ちで為すことなく、つねに、本心良心にもと
らぬよう、注意に注意して心がけねばならない。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする