2016年09月21日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   9月21日(水)  日本を救うのは誰か A



 今日山口の人々も殆ど忘れ去っているようであるが、たとえば長藩維新回天の事業
の基礎はこの人に在りといわれた村田清風の前後五十余年に亘る善政と、若き人材の
養成や、絶えず思想・政策の研究で同志を結集し指導した周布政之助等の影響力は実
に偉大である。有為な青年と同時に有徳の先輩、これが日本を救うのである。無頼の
青年と怠慢の先輩、是れ日本の禍でなくして何か。



   不偏愛



 「不偏愛」とは何を意味するかというと、率直にいえば何ものをも憎まざる公平無
私の純正なる愛情をもって、人にも物にも、否、ありとあらゆるいっさいに平等に相
接することである。それは繚乱たる陽光と同様に-----

 しかもこの不偏愛の実行ということは、ただ単に唯善践行の秘訣であるばかりでな
く、厳格な意味からいって、真人生の本来の真の面目なのである。

 だから、万一愛の情けに偏りがあるのでは、ほんとうの人といえないのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする