2016年09月22日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   9月22日(木)  秋分の日  節を全うする



 古来節を全うす-----全節ということ、特に晩節を大切にすることを重んずるのは
尤もなことである。

 仕事も出来、地位も上るにしたがって、人間は益々欲も出れば、誇りも生じ、執着
も強くなって、その反対に後進を軽視し、不満が多くなり、又先輩を凌ぐ態度や行動
も出がちである。これが反逆にも通ずる。あさましいことである。



   とらわれない心



 神経系統の生活機能は、心が積極的でないと完全には働かないんだよ。

 つまり、心の態度が積極的ならば神経系統も積極的になるが、心の態度が消極的な
らば神経系統の生活機能も消極的になっちゃう。

 非常に心が落ちついて何のとらわれもないときには、かなり難しいことでも平気で
やっていけますよ。ところが、心に落ちつきがないと、やさしいことでも難しくなっ
ちまうんだ。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする