2016年10月19日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   10月19日(水)  信 友



 誠の友には、限り無い信頼の歓喜、いつでも理解してあえるという確信があるか
ら、何でも言える楽しみ、雄々しく又赤裸々な生活の陶酔がある。

 多数の俗人から認められず、少数の友人から認められることは楽しい。

 偉大な魂の主はその敵を軽蔑するものではなく、実は忘れるものなのである。

 寛容は超脱の最も丁寧な形式である。

 感情を害し易い性格の人々には春がない。

 真の友好は精神の宮殿に於ける心と心との楽しい饗宴である。

 こういう信友同志の集まりは、如何にささやかに見えるものであっても、そこに集
まった人々を凡俗とは異なった別の人間にし始めるものである。

                      -----アベル・ボナール『友情論』
より



   求  道



 努力が自己を満足せしめる程度のもので表現もしくは自覚されないと、この方法で
はだめだというふうに軽率に判断して、次から次へと他の方法を求めるか、さもなけ
れば、求道という、人間のみ賦与されている尊い心意を、自分の精神領域から知らず
知らず除去してしまう。人間万一そうなったら、自己尊厳の冒涜であるばかりでな
く、厳密な意味でいうと、精神的な自己放棄だということになる。

 しかし、ほんとうに、正念を持つ人というものは、決して人生というものをそんな
浅い考え方で考えてはいない。



   使  命



 人間、いかなる誘惑を受けても、いかなる迫害を受けても、最後に一つ為さざると
ころがなければならぬ。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする