2016年10月25日

安岡正篤(やすおかまさひろ)「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   10月25日(火)  明治と大正



 明治・大正・昭和を通観しますると、何といっても明治という時代は少なくとも真
剣でありました。

 同様にスターリンがソ連を支配していろんなスローガンを出し「追いつけ! 追い
越せ!」と盛んに国民を叱咤激励をしたことをご記憶の方もあろうかと思います。ま
た中京の毛沢東は「大躍進」の号令をかけましたが、このスターリン、毛沢東の両者
とも素直に申しますと甚だ不成績であります。

 これらにくらべて我が日本の明治の歴史をみますと、遅れていた西洋文明、科学文
明を発達させるため「追いつき、追い越せ」の国民運動が世界の奇蹟といわれるよう
な成功を収めました。

 ところが大正時代はどうであったかと申しますと、疲れたり、ゆるみが出たりとい
う好ましくない現象が起こっております。特に第一次世界大戦によって、大した努力
もしないのに、いわば漁夫の利をしめる立場で好景気に恵まれ、金もうけができまし
て、札びらが全国に舞うようになりました。これが日本を非常に堕落させました。



   人間は本来幸福に活きられる



 人間というものは、老若男女の差別なく、その生命の中に健康も運命も自由に獲得
し、また開拓し得るという真に感謝に値する偉大な力が与えられている。

 人間は、そうやたらと病や不運に悩まされたり、虐げられねばならぬものではな
く、よくその一生を通じて、健康はもちろん、運命もまた順調で、天命を終わるまで
幸福に活き得られるように本来的には作られているものなのである。



   国を亡ぼす君主



 国を亡ぼす君主というものは、きまって自ら驕り、自らを知恵あるとして、人を軽
蔑するものである。

 自らを驕れば人材をいい加減に取扱い、自らを知恵ありとすれば専制独裁をやる。
相手を軽んずれば備えがなくなる。何事があっても、びくともしないという用意がな
くなってしまう。

 備えがないと禍を招き、独裁をやると地位が危うくなり、人材を軽んずるとすべて
が塞がってしまう。そうして自ら亡んでしまう。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする