2016年10月28日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   10月28日(金)  知行合一



 王陽明の『伝習録』にうまいことをいっている。「知は行の始めなり、行は知の成
るなり」。我々のからだでもそうです。心臓とか肝臓とかいろいろあるけれども、他
とかかわりなく、全体とかかわりなく存在するものは、何一つないのであります。

 たとえば甲状腺にちょっと見れば単なる骨のように見えるけれども、専門の医者に
訊くと、ここからサイロキシンといったものを血液の中へ送り出す。これが出なくな
ると、正邪曲直の判断とか、美醜の感覚とか、あるいは神聖なるものを敬うとかいう
ような機能が失くなってしまう。ネズミの餌から完全にマンガン分を除去すると、母
性本能が失くなるそうです。



   調和は自ら進んで作る



 何事を為すにも力と勇気と信念とを欠如してはいけないが、「調和」ということを
無視せぬように心がけないと往々軌道をはずれる。これを無視した言動は、完全な成
果を具顕し能わないからである。

 これは「不完全の中に調和が絶対にありえない」という宇宙真理があるがためで、
調和を度外視した言動は現実構成の軌道から脱線すべき必然性を生み出すか招来す
る。調和は相対事物の中に求めるべきでなく、自ら進んで作為するべきものである。



   静  和



 人物・人間も、呼吸も同じことであって、人間もいろいろの人格内容・精神内容が
深い統一・調和を保つようになるに従って、どこかしっとりと落ち着いてくる。柔ら
かい中に確(しっか)りとしたものがあって静和になる。そういう統一・調和が失わ
れてくると鼻息が荒くなるように、人間そのものが荒くなる。ガサガサしてくる。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする