2016年11月02日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   11月2日(水)  人間の矛盾



 老いねば本物にならぬが、本物になる頃は最早人生の終点だ。この矛盾が人間の悲
劇である。



   言葉の暗示感化力



  言葉というものは人間の世界だけに与えられた、まことに何ともいえない重宝な
ものであるが、ただ上顎と下顎がぶつかり放題、思うがままにしゃべっていると、時
として、その言葉が自分の生命や他人の生命までも傷つけることがある。

 言葉は、実在意識ならびに潜在意識をきれいにしたり、あるいは汚したりする両方
面の働きをもっている。つまり、言葉ほど、恐ろしい暗示感化力をもつものはないの
であります。



   養寿規



一、早起き、静座、梅茶を服す。

二、家人に対し、温言和容(おんげんわよう)を失わず。

三、養心の書を読み、養生の道を学ぶ。

四、老壮の良友に交わり、内外の時勢に通ず。

五、凡て縮滞を除き、陰徳を施す。 
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする