2016年11月03日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   11月3日(木)  文化の日  すべては心に帰す



 政治的な問題も、社会的な問題も、つきつめれば心の問題に帰する。ということは
識見や信念の問題になるということで、従って世の中が難しくなればなるほど、われ
われは平生に於いて心を練っておくことが大事であります。



   年齢に惑わされない



 知ってるかい?自分の人生を軽く見る人に限って、自分の年齢というものをやたら
と重大に考える。おかしいんだよ。命を軽く考えるやつに限ってからに年齢を重く考
えて、俺も幾つ幾つだから-----と言う。その幾つ幾つならどうなんだ、一体!

 何遍も言っているとおり、どうせ人間生まれた以上は一遍は死ぬんだ。しかし死ん
でいない以上は生きているんだ。生きている以上は有意義に生きなきゃだめだよ。幾
つになろうとも、自己を向上せしめるっていう意欲を失ってはいけませんぜ。

 それには自分を見捨てないことです。



   文化と文明



 文化とは民族の創造力をいい、文明とはその施設外観をいう。文明が文化の重荷に
なって来ると、その文明は永遠の生命から云えば危険だといわねばならぬ。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする