2016年11月04日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   11月4日(金)  信なくんば立たぬ



 信(迎、向)がなければ我々の生活は厳粛にならない。決定的な力を生じない。こ
とに家庭生活にこれがなければ、互いに狎れ争うて破綻を招き易い。

 政治についても、孔子が子貢に答えて、「やむを得ねば、民の経済生活(食)はこ
れを見殺しにしても、信だけは民から失えない。昔から皆死を免れないが、民信なく
んば立たぬ」(『論語』、顔淵)と教えているのは、深く味わうべき言葉である。



   チャンス



 「チャンス」に対しての必要な注意は、常にそれを見逃さないようにすること。も
う一つは、チャンスに直面した際、いたずらに逡巡遅疑しないことである。

 すなわち颯爽たる決断力を以て、万難を排して、これをキャッチすべしである。



   僻



 修養学問のし始めはとかく鼻についたり、仲間外れになるものが多い。之を僻(へ
き)と謂う。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする