2016年11月25日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   11月25日(金)  悟りとあきらめ



 内容の有無、高低、深浅の差はあるが、五十の頃は知命の時候である。聖人に於い
ては悟りと云い、常人に於いてはあきらめと為す。



   人間だけが進歩する



 太古から脈々と、人間が心に思うことや、考えること、「ああなったらいいな、こ
うなったらいいな」ということが理想化されて、それが一つひとつ現実化されてき
て、今この世の中がつくり出されてきたんだ。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする