2016年12月06日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   12月6日(火)  自修自立



 理想精神を養い、信ずるところに従って生きようとしても、なかなか人は理解して
くれないし、いわゆる下流だの凡庸だのという連中は往々にして反感を持ったり、軽
蔑したりする。

 そういう環境の抵抗に対して、人間が出来ていないと、情けないほど自主性・自立
性がなくって、外の力に支配される。

 けれども本当に学び、自ら修めれば、そして自らに反(かえ)って、立つところ、
養うところがあると、初めてそれを克服していくことができる。



   心に与える瞬間活法



 消極的観念という心のよごれを「安定打坐法」により取り去ると、輝く根本心が発
現してくる。これは強い強い積極的なものであるから、心の力が強まるのは当然であ
る。

 この方法の特徴はどんな忙しい時でも、また、仕事をしながらでも、話をしながら
でも、容易に乱れた精神の状態を収束させることができるので「心に与える瞬間活
法」という方法なのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする