2016年12月08日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   12月8日(木)  針供養  人間の根本問題 A



 ところが人間いろんなものを失うが、何が一番失いやすいかというと自己である。
人は根本において自分をつかんでいない。空虚である。そこからあらゆる間違いが起
こる。

 人間はまず根本的に自ら自己を徹見する、把握する。これがあらゆる哲学、宗教、
道徳の根本問題である。



   「時は金なり」



 物質礼賛のMaterialist(実利主義者)は、あるいは、「時は金なり」というこの
言葉に心からの共鳴を惜しまないであろう。

 しかし、金は失っても取り返すことはあえて不可能ではないが、時はいったん失っ
たら、永久に現在の意識に決して戻ってこない。

 のみならず、いっさいの事柄の完成を看察すると、それは金の力で成しえたように
見えても、真実は、要約すれば時の力である。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする