2016年12月11日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   12月11日(日)  素心規



 一、禍が福か、福が禍か、人間の私心でわかるものではない。長い目で見て、正義
を守り、陰徳を積もう。

 二、窮困に処するほど快活にしよう。窮すれば通ずる、又通ぜしめるのが、自然と
人生の真理であり教えである。

 三、乱世ほど余裕が大切である。余裕は心を養うより生ずる。風雅も却ってこの処
に存する。

 四、世俗の交は心を傷(いた)めることが少なくない。良き師友を得て、素心の交
を心がけよう。

 五、世事に忙しい間にも、寸暇を偸(ぬす)んで書を読み道を学び、心胸を開拓し
よう。

 六、祖国と同胞の為に相共に感激を以て微力を尽くそう。



 ※素心=利害や意見や年齢や地位身分など、そういう様々な世間の着色に染まぬ生
地のままの純真な心を素心という。



   信念の力



 現代の人間は、良いことを聞いても、良いなあと思って感激はしても、それが、本
当に自分の心のものにならないのは、心の中に大事な信念というものが、知らず知ら
ずのうちに、欠如しているからなのである。欠如しているというより、むしろ下積み
になっているといおう。

 ともあれ、信念の力というものは、実に諸事万事を完全にする根本的な要素なので
ある。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする