2016年12月20日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   12月20日(火)  気力旺盛



 気力が旺盛であるということが個人的にも民族的にも最も大事なことで、気力を弱
くしてしまったら、教養が多少あろうが、頭脳・知性が優れていようが、技能が発達
していようが問題でない。気力というものが一番大事で根本的なものである。日本民
族もこの気力を失わなければ、気力が旺盛になれば、いろいろの欠陥は少しも苦にす
る必要はない。

 反対にどんな長所があっても、例えば知性だ、技能だ、その他教養があるといって
も、気力が旺盛でなければ個人も国家も発展しない。



   潜勢力の現実発現



 人間に与えられた特権を、確実に我がものにするために、厳として遂行しなければ
ならない義務と責任とがある。

 それは「潜勢力の現実発現を期成する実際的手段と手法とに対する敬虔なる不断の
実践」すなわちこれである。

 一心に潜勢力発現の手段と方法を実践躬行することこそ、その真諦なのである。



   俗を楽しむ



 人間は俗生活をしておればおるほど、その中に俗に動ぜざるもの、俗に汚れざるも
のがなければならない。それで初めて俗を楽しむこともできる。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする