2016年12月28日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   12月28日(水)  現代の危機



 学問というものは確かに大変な進歩を遂げてきた。しかし大事なことはなにが本質
でなにが枝葉末節かの価値の弁別、目のつけどころで、これがしっかりできるように
なると、今日の文明の混乱は救われる。それを本当に悟って、教えてやるのが師であ
ります。師の前には父というものがある。人間の教育はまず父から始まって、師と友
に至る。ところが現近代、特に現代に及んで、父らしい父というものがなくなってき
た。それとともに、師と友というのもまたなくなっている。そこに、現代人間の最も
恐るべき欠陥というか、危険がある。



   宇宙の心、人間の心



 宇宙という大生命の流れと人間の心が一つになれれば、ここに初めて生命(いの
ち)の本体も本質も分明してきて、当然の帰結としてこの宇宙の心が真善美以外の何
ものでもなく、そして同時に人間の心の本質(本然の姿)もまた、真善美以外の何も
のでもないことがわかってくる。



   お蔭を知る



 本当にわれわれの存在というものは、究明すればするほど種々のお蔭によって在
る。天地のお蔭、国家や社会のお蔭、親や師友のお蔭。この計り知ることの出来ない
お蔭をしみじみと感じとり認識する、これが所謂恩を知るということであります。そ
こではじめて理性や感情を持った人間になるのであります。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする