2016年12月31日

安岡正篤「活学一日一言」、中村天風「一日一話」。

   12月31日(土)  大晦日  誇るべき日本



 我々は日本の将来が日本国民の無数の無名の家庭に在ること、それらの家庭がいか
なる精神風儀教養を持つかに依って日本の運命と価値とを知るに足ることを信じ、子
孫が今日を回顧する時、ひそかに感謝と敬慕の念を禁じ得ぬ祖先でありたいものであ
ります。



   尊き人生の要諦とは



 金殿玉楼の中にあって暖衣飽食、なおかつ何らの感謝も感激もなく、ただあるもの
は不平と不満だけという憐れな人生に比較して、まことや、人生のいっさいを感謝に
振り替え、感激に置き換えて活きられるならば、截然としてそこにあるものは、高貴
な価値の尊い人生ではないでしょうか!

 否、こうした心がけの現実実行こそ、活きる刹那刹那に、なんとも形容のできない
微妙な感興おのずから心の中に生じ来たり、どんなときにも生活の情味というものが
当然味わわれることになる。



   萬燈行



 内外の状況を深思しましょう。

 このままで往けば、日本は自滅するほかはありません。

 我々はこれをどうすることも出来ないのでしょうか。

 我々が何もしなければ、誰がどうしてくれましょうか。

 我々が何とかするほか無いのです。

 我々は日本を易(か)えることが出来ます。

 暗黒を嘆くより、一燈を付けましょう。

 我々はまず我々の周囲の暗を照らす一燈になりましょう。

 手のとどく限り、至る所に燈明を供えましょう。

 一人一燈なれば、萬人萬燈です。

 日本はたちまち明るくなりましょう。

 これ我々の萬燈行であります。

 互いに真剣にこの世直し行を励もうではありませんか。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする