2017年01月07日

「叡智のひびき」(中村天風)

   1月7日(土)  七草  天風箴言(七)



 何としても怒り悲しみ怖れを抑制することの出来ない時は、そういう時こそ、クン
バハカ密法の修練に最も都合のよい時であるから一段と真剣に実行するがよい。



(為せば成り為さねば成らぬものなるを、成らぬはおのが成さぬためなり。という教
えの歌を、心に銘記すべしである。)
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

「叡智のひびき」(中村天風)

   1月6日(金)  天風箴言(六)



 正しい愛情とはお互いが活きて此の世に存在して居るという厳粛なる事実を衷心か
ら尊敬し合うことから湧いてくる。



(多くいうまでもなく、天風教義のイデオロギーは、この世に活きる人々が、本当に
幸福に活きられるような、もっと明るい世界を作ろうということを、もっとも大切な
重点としている。正しい愛情というものは、「お互い人間が、こうしてこの世に活き
て存在して居る」という犯すべからざる事実を、もっともっと真剣に、厳粛に思量し
て、そして心の底から、その生命の存在を虔(つつま)しやかに尊敬し合わない限り
は、人間の心の中からとうてい発生して来ないというのが、人間の心理現象に対する
峻厳なる宇宙真理なのである。これはぜひとも知っておかねばならない大切な人生理
解なのである。かりそめにも人生に絡まる宇宙真理を践行して、理想的人生の建設に
ひたむきに念願努力するわれわれ統一道人たる天風会員は、何を措いてもお互いの
「いのち」の活きているという現実を、心の底から敬虔な気持ちで尊敬しましょう!
 そして、正しい愛情の持ち主となって、明るい世界の現実建設を、人生最大の念願
としましょう!)
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

「叡智のひびき(中村天風)

   1月5日(木)  小雪  天風箴言(五)



 一切の事柄をすべて感謝に振り替えて考えられない人は完全に天風教義を実行して
いる人とはいえない。



(実行意欲が徹底的でないのは、その原因に自己完成への情熱が熾烈でないというこ
とがらがあるからである。事実に於いて、会員諸子の中には、いわゆる初めは脱兎の
ごとく、終わりは処女のごとしというような人を、時々見受ける。もっとはっきり言
えば、入会当時は、鉋くずに火のついたような勢いで自他を感激させるほどの熱心さ
を見せるのが、やがて時日が重なり、三年、五年と経過すると、初めの勢いどこえや
ら、いつしか、その熱度を憐れにも低下させてしまう人がある。そうなると、おおむ
ねはダメということになる。

「教えは天の声であるから、ただただ一生を通じて、実行あるのみである。」真理を
如実に理解づけられた以上は、その教えをただ一途弛みなく真剣に実行する以外に手
段なしと正念されて、何をおいても、何事にも、ことのいかんを問わず、感謝するよ
うに心がけることである。特に、ちょっとでも不満や不平を心に感じるようなときに
は、よりいっそう、それを感謝に振り替えることに努力するように習性づける。要
は、この心がけをいかなる場合にも不断のもとするべきである。と、あえて痛烈に勧
奨する。)
posted by 林田カイロプラクティック院 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする