2017年01月05日

「叡智のひびき(中村天風)

   1月5日(木)  小雪  天風箴言(五)



 一切の事柄をすべて感謝に振り替えて考えられない人は完全に天風教義を実行して
いる人とはいえない。



(実行意欲が徹底的でないのは、その原因に自己完成への情熱が熾烈でないというこ
とがらがあるからである。事実に於いて、会員諸子の中には、いわゆる初めは脱兎の
ごとく、終わりは処女のごとしというような人を、時々見受ける。もっとはっきり言
えば、入会当時は、鉋くずに火のついたような勢いで自他を感激させるほどの熱心さ
を見せるのが、やがて時日が重なり、三年、五年と経過すると、初めの勢いどこえや
ら、いつしか、その熱度を憐れにも低下させてしまう人がある。そうなると、おおむ
ねはダメということになる。

「教えは天の声であるから、ただただ一生を通じて、実行あるのみである。」真理を
如実に理解づけられた以上は、その教えをただ一途弛みなく真剣に実行する以外に手
段なしと正念されて、何をおいても、何事にも、ことのいかんを問わず、感謝するよ
うに心がけることである。特に、ちょっとでも不満や不平を心に感じるようなときに
は、よりいっそう、それを感謝に振り替えることに努力するように習性づける。要
は、この心がけをいかなる場合にも不断のもとするべきである。と、あえて痛烈に勧
奨する。)
posted by 林田カイロプラクティック院 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする