2017年01月09日

「叡智のひびき」(中村天風)

   1月9日(月)  成人の日  天風箴言(九)



 真理を践行するものは濫(みだ)りに他人の批評を為す勿れである。否、その閑
(ひま)があるならば自分自身を厳正に批判するがよい。



(みだりに他人を批判するという悪い習性を、少しも気づかずして、適当にこれを是
正しないと、これに相呼応して、自己の心のあり方に対する注意が、知らず識(し)
らずに疎かになり、結局は、生命確保の根本義を為す「心」の態度が、勢い消極的に
堕するという価値のない事実を招来することとなる。要は、他人のアラや欠点を詮索
することを止めて、自分のアラや欠点のほうも厳しく詮索することである。真に自己
省察なるものが、人生向上へのもっとも高貴なことであると自覚している者は、この
言葉を断然排斥して、他人のことに干渉する批判という無用を行わずに、常に自己を
自己自身厳格に批判して、ひたむきに自己の是正に努力することを、自己の人生に対
する責務の一つだと思量すべしであるとあえていう。)
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする