2017年01月10日

「叡智のひびき」(中村天風)

   1月10日(火)  天風箴言(十)



 天風教義は是を修業として行ったのではおよそ第二義となる。只一念それを生活行
事として行う時完全に第一義的のものとなる。



(わが天風会の教義とする心身統一法なるものは、「人間の生命に賦与された本然の
力の完全発揮」ということが、その組織の全目的である。したがって、口伝および書
伝ならびに行伝という各種の方法をもって親しく垂述(すいじゃく)する各種の方法
は、そのいずれもが人間の本然の生命力たる、すなわち、体力、胆力、判断力、断行
力、精力、能力という六種に総合されたる力、詳しくいえば理想的人生(活きがいと
生まれがいのある人生)を作為するのに絶対的に必要とする各種の力を完全に発揮せ
しめるために、かくいう天風が、長年にわたり、文字通り研鑽努力して創見組織せる
現実的効果に対する信念の結晶とその網羅なのである。そして特に、声を大にして強
調せねばならぬことは、その方法のことごとくが-----精神生命に関することでも、
かつまた肉体生命に関することでも-----いずれもそのすべてを日常生活を行いなが
ら、行い得るように組み立ててある点がその特徴の最たるところなのである。換言す
れば、心身統一法=日常生命道というように作為されているのである。否、この点に
斯法(しほう)組織の、人知れぬ苦心が、存在して居ると言明したいのである。とこ
ろが、数多くの会員の中には、いわゆる親の心子知らずのたとえのとおり、この点を
正しく理解せずして、心身統一法という教義を、日常生活行事と引き離して、何か特
別の時に特別の気持ちで行う、特殊行事のごとくに思惟している人がある。

もちろん、そういう人は、極めて稀ではあるが。心身統一法=日常生命道というよう
に、極言すれば、寸刻分秒の間といえども、すべての方法(心の活かし方または使い
方、および肉体の活かし方、使い方等々)を真剣に実行することに専念努力するべき
である。)
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする