2017年02月19日

「真理のひびき」(中村天風)

   2月19日(日)  天風箴言(十一)



 真の平和の世界を作為せんと欲するものは、先ず、個々の家庭平和を確立すること
を実行すべし。



(真の平和とは、お互いに克己し、お互いに自制し、お互いに相譲り、相敬い、相愛
し、相たのしみ、相導き、相助け合う、という完全調和の美しい気持ちが、家庭組織
の各個々人にもたれているということが、何よりの先決条項である。感情重点主義の
人には、これらのどれもがいつも公平に実行できない憾みがある。)

    争うに先立つことなかれ、和するに後るることなかれ  
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

「真理のひびき」(中村天風)

   2月18日(土)  天風箴言(十)



 日々更新の 宇宙真理に順応するには 先ず自己の心を 日々更新せしめざるべか
らず。



(多くいうまでもなく、日々更新、すなわち日々新たにして日に新たなりという大事
実は、尊厳侵すべくもあらぬ絶対的な宇宙真理である。この現象事実は、要するに宇
宙の本来が進化と向上にあるためである。自己の心を現実に更新するという事をおろ
そかにすると、人生に一番大切な精神態度を積極的に堅持するということが、どうし
ても思うようにできがたくなる。すると知らず知らずの間に、精神態度が消極化して
きて、人間の生命確保に直接的に大きい支障をきたす。怒りや悲しみや怖れ、あるい
は心配や煩悶や懊悩等々というような、価値のない消極的感情情念が絶えず実在意識
領に続発してくる。そして、その当然の結果として、日々更新の宇宙真理に、どうし
ても順応することが不可能となる。そうなると、人生はただ向下の一路をたどること
となり、憐れにも万物の霊長が名ばかりのはかなき存在になっていかざるを得なくな
る。というのはその一切の結果が進化に逆転することになるからである。そのため
に、心の更新を完全に現実化する貴重な実際方法である、観念要素の更改法や積極観
念の養成法、および神経反射の調節法、さらに修練会において践行する、真理瞑想行
や安定打坐密法等々の実践に努めるべきである。)
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

「真理のひびき」(中村天風)

   2月17日(金)  天風箴言(九)



 安定打坐法は、正当なる思慮と断定とを生み出す、絶対的密法であるから、其の心
して践行に努力すべし。



(「今いまと今という間に今ぞなく、今という間に今ぞ過ぎ行く」)
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする