2017年02月26日

「真理のひびき」(中村天風)

   2月26日(日)  天風箴言(十八)



 人生に 活きる際 気取ったりぶったりせぬように 心がけると どんなに 心に
余裕が出来るか わからない。



(禅の言葉に、「無碍自在」というのがある。これは心に何ら執着のないときの心の
力が、その融通性を百パーセントにして、その可能率を向上するという意味を喝破し
たものと思う。これは理屈でなく、心に何らの執着もない場合は、いいかえると心が
何もの何事にもとらわれていないときには、これを形容すれば、円転滑脱、自由自在
に、臨機応変の対応ができるものであるということは、われわれが人生において経験
する事実がしばしばこれを証明している。反対に心に何かの執着、すなわちとらわれ
があると、心の力はたちまちに委縮して、その可能率が著しく低下する。生命の生存
と神経系統の密接な関係を強く認識しなければならない。神経系統というものは人間
のいのちを活かす生活機能の中で一番大切なものいいかえれば神経系統の生活機能の
おかげでわれらの生命はこうして活きながらえていられるのである。自分は宇宙真理
を知得実行する特別の人間だとか、あるいは仲間を凌ぐスーパーな存在だとかという
ように、ことさらにぶること、気取ることを絶対に厳戒しなければならない。つかの
間といえどもゆるがせにすることの許されない金科玉条である。)



  あるがままにわれある世とし活き行かば 悔いも怖れも何ものもなし
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする