2017年03月16日

「真理のひびき」(中村天風)

   3月16日(木)  天風箴言(三十一)



 功徳の布施とは 正しい そして 清いよろこびを ひとのこころに 分つことで
ある。  (この箴言の解説はありません)



 あとがき



「心は現在を要す、過ぎたるは追うべからず。来たらざるは迎うべからず」と天風先
生は、常にさとされて居られた。人生とは、今ここに生きて存在する事実に対する名
称である。だから、只今こそ大事なときであり、今いかに生きるかが大問題である。
今をほかにして人生はない。希望に今生きる、精一杯生きる中に真人生への展開がは
じまる。人生は正に心一つの置きどころである。思いかた考え方が積極か消極かに
よってその人の活き方に天地の差を生じる。折角お互い人間としてこの世に生を受け
た以上、人間としての価値を十分に発揮して、世の中全体の調和のためにその職分職
分に応じて生き抜いてこそ生きがいのある人生をわたることとなるのではなかろう
か。人あっての自分、自分あっての人の世の中である。ともに譲り合い、助け合い、
励まし合い、生かし合う世づくりに生々と立ち向かってこそ真の人間であるのだ。

 しかしながら、事のあるのが人生だと言われるとおり、時に気がゆるみ疲れ、よい
考えも出ないようなこともある。又病に冒されたり、不運に遭ったりして右往左往す
ることがある。

 その時である。開かれ見られよ、この箴言の一言一句を! この一言一句は必ずや
あなたの身に染みてあなたを励まし、力づけてくれるに違いない。そこに、いのちの
力の復元があり、新たに甦りくるあなたを発見されることでしょう。

 されば、天風先生の作られた珠玉の一言一句を糧として今日も活力を得て、明日へ
の希望に燃えてともに明るい世の中づくりに励もうではありませんか。今日一日を油
断することなく。     天風会理事  末吉太郎
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする