2017年03月17日

「真人生の探求」(中村天風)

   3月17日(金)  彼岸の入り  自序



 古聖の言葉に、「病」「煩」「貧」を以て人の不幸の司となすというのがある。ま
た欧米でも、病気と、煩悶と、貧乏とを人生の三大不幸と称している。私は微力未だ
遠く及ばざるものであったが、この三大不幸を、世の人々の中から少しでも軽減しよ
うと、過去三十余年間、心身統一法と称する人生を理想的に、生き抜く力を現実化す
る、第一義的人生道を示導垂述することに、殆ど努力の全部を傾注した。が然し、今
日まで私の所論を公刊したことは、単にその片鱗の二三に過ぎず由来人生に関する、
特に実践を主体とするこの種のものは、文書を通じての会得では、往々その機微に触
れ難きものあるを慮り、専ら人格と人格との折衝に依るに如かずと断定し、主として
講習教示を本位として今日に至ったが、日頃来、心友竹内芳衛博士その他知友の多く
より熱烈な勧奨を受け、茲にこの書を編纂公刊することとした次第である。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする