2017年03月18日

「真人生の探求」(中村天風)

   3月18日(土)  自序



 従って、書中収めるところのものは、その何れもがすべて、私の独自の研鑽と体験
とのコンサイズである。ただ出来るだけ普遍的にという念願から、可及的に一切の理
論釈明を、常識的理解を本位とし、通俗的証明に主力を注いだつもりである。然しな
がら、多くいうまでもなく、広汎深遠にして、幽玄微妙なる人生消息は、到底この小
冊を以て、よく尽くし得る処にあらず、よって人生に絡まる哲学や、更に自然法の科
学、就中生物学、生理科学、並びに精神科学や心理学の実際応用に関する理論釈明
は、引き続き、「研心抄」「錬身抄」の各集を編纂し、その編中に於いて演釈するこ
ととする存念である。

 それ故、この書はそれ等の後著に対する原則的イントロダクションと考えられた
い。

 何れにしても、この書が諸子の人生座右の好伴侶たれと、衷心より祈るのみであ
る。

   1947年 春       統一哲人    中村天風 識
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする