2017年03月20日

「真人生の探求」(中村天風)

   3月20日(月)  春分の日  たたえごと



 我々の生活は瞬時の停滞も許さぬ。それ故、何によらず手近からやってみるに如く
はない。試み試みする所に始めて道は開け、自ら意義は具る。何はともあれ人生のこ
とは、英語に謂うtry try again でやり抜くに限る。しかし「試み試みする」という
ことは、決して安易なことでない。-----下手に洒落めいて恐れ入るが-----「辛い辛
い」ことだとも言えよう。だが然し、子細に観ずれば「辛い」と感ずるのは、物事を
受け身で受ける場合に限り、若し夫れ心構えを積極的に転じ、心勇んで事に就く者に
は油然として建設の喜びを胸臆に感ぜざるはない。

 本書は「人生を如何にして意義あらしむるか」という命題に対し、いとも明快に、
しかも親切丁寧に、且つ又科学的に系統ある回答を与うるものである。誠に本書は、
人生を卑屈に過ごし、陰影裡に低回する人々に対する暗夜の光明とも言うべく、同時
に、光輝ある人生を求め、進んで建設面に勇躍せんとする人々に対する良師であり良
友である。

 著者統一哲人・中村天風大人は周知の如く生死往来の達人として明治伝史中の人物
であるが、発起一念、夙に古インドに伝わるヨガの密行に参じ、その哲理と行果を現
代に活用し、以て独自の学的体系を創造し、半生をその実際指導に任じて今日に及ん
で居る。爾来三十星霜、親しく門を叩いて教えを乞う有名無名の人士、実に十数万に
達する盛観である。

 
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする