2017年03月22日

「真人生の探求」(中村天風)

   3月22日(水)  放送記念日  緒言 幸福な人生



 人間! それは、一体なんであろう?

 否、人間とは、一体幸福のものであろうか、不幸なものであろうか?

 特に、病や、運命に対して、果たして、強いものであるか、それとも弱いものであ
るのか。

 敢てお尋ねする。諸君は、こうした対人間観をしんみりと静かに考察せられたこと
があるか、どうか。

 私は、いつも現代の世相や、お互い同胞の行動を、この眼で看この耳で聞く度に、
そういう疑問が頻りと湧いてくる。

 尤もこういえば、今日只今の生活苦に直面している自分たちに、そんなことを考え
る余裕があるかという人が相当多いと思う。

 それも、たしかに一面に存在する理屈に違いない。形容の出来ない複雑さと悲惨な
状態という現象事実の中に生活しなければならぬようにされている人々は、到底落ち
ついて、内観的に人間というものを考えて見るなどということは出来ないかも知れな
い。

 また真剣に考えようとしても、余りにも日々の人生に存在する相対的事実が、考え
れば考える程割り切れない疑義のみで、徒に迷うのみだという人もまた少なくないと
思う。

 そうして、そういう人は、人間というものは、どんな境涯に到達しても、活きてい
る間は終始人生苦と取り組んで活きねばならない不幸なものだという考え方で人間と
いうものを観るという断定を、かなり執拗にもっていると思う。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする