2017年03月27日

「真人生の探求」(中村天風)

   3月27日(月)  緒言 幸福な人生



 多くいうまでもなく、人間の真正の価値を正当に認識し得れば、人間の本当の崇高
さがはっきりと分明し来たって、その当然の帰結として、人間を考察する観点も自然
と正鵠を得、人間をもっと尊厳なものと思惟し得るに至るのが必然である。であるか
ら、人間というものを、本当に考えようとするには、何を措いても、人間の真正価値
の認識がその先決問題なのである。ところが、茲に忽せにできない事実は、概ね多く
の人は、案外にも、人間を観察する時、この重要問題を第一としないで、いつも目前
に現在する相対現象を対象として、その考えを進める。ここに、人間自身を考えよう
とする時の大きな錯誤が胚胎する。そうして、その種の人に限って、相対現象で軽率
にも人間の価値を批判しようとする。即ち、誰か何といっても、この不幸福だらけ
な、そして運命だって、健康だって、断然思うように好転しない現在を考えれば、人
間なんて案外つまらない無価値のものだと、平気で結論する。

 然しこれでは、何処まで推究して見ても、人間の真正価値の認識という重大なこと
は正当に解決しない。尤もそうはいうものの、普通の場合、普通の人々が、人間の価
値認識が真正に施せないのは、そこにまた、普通の人の気づいていない一つの原因が
あるからである。

 然らば、一体それはなんであろう?
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする