2017年04月21日

「真人生の探求」(中村天風)

   4月21日(金)  発現の方法



 尤も、前にも一応述べたように、大部分の人は、自分の生命の内奥に、偉大な潜勢
力というものが実在しているということを信念していないために、おおむね多くの場
合、その発言に関する手段方法というものを、考えようとしないのは当然だが、中に
は、この力の実在を信じていても、それは普通の場合に応用出来得る程度で、人間の
任意に発現して来るものではないと思い込んでいる人がある。即ち、この力は、何事
か全く意表外に生じた突発的の事件に際会した時か、もしくは、平素容易にあり得な
い、いわゆる非常的のことに遭遇したような際でないと、生命の表面に発現して来な
いもののように考える。いわゆる古人いうところの、窮すれば通ずるというのが、そ
れに該当しているもののように思う。

 又、人によると、この力は常人を超越して生まれた、天才的な特に恵まれた人のみ
が発現し得る特殊なもののように考えている人もある。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

「真人生の探求」(中村天風)

   4月20日(木)  穀雨(春の太陽強さを増すこの頃の雨は、五穀の成長
に、天の慈雨と言う意で、穀雨と呼ばれる。)



              発現の方法



 人間としてお互いにこの世に生を享けた以上は、人間に与えられた特権は、確実に
これを我がものとしなければうそである。

 然しながら、ここに気付かねばならない要諦は、およそ権利というものを獲得する
には、恒にそれに付随する義務と責任というものがある。従って、権利を得ようとす
るものは、先ずその責任と義務を、完全に遂行せねばならぬという厳粛な条件が、不
可分的に存在しているということである。言い換えれば、義務と責任を完全に遂行し
ない限り、いわゆる権利なるものは、これまた到底完全にこれを我がものにすること
は、絶対に不可能なのが、動かすことの出来ない人生真理であるからである。そして
人間に与えられた特権を、確実に我がものにするにもまた同様で、そこに厳として遂
行しなければならない義務と責任とがある。

 では、それは一体どんなことかというに、曰く「潜勢力の現実発現を期成する実際
的手段と方法とに対する敬虔なる不断の実践」即ちこれである。即ち、一心に潜勢力
発現の手段と方法とを実践躬行することこそ、その真諦なのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

「真人生の探求」(中村天風)

   4月18日(火)  潜勢力の発現



 従って、本書編纂の目的も、既に冒頭及び序言にも述べた通り、人格と人格との接
触教化の因縁に恵まれ得ない人々にも、造物主から人間各自に与えられた幸福の特権
を把握させ、その本来の面目を発揮して、進化と向上の現実化という大使命の遂行を
全うし、よく世界の平和と協調とに同化するような、真の日本を建設し得る真人を、
一人でも殖やしたいという、本願の一念に外ならないのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする