2017年04月11日

「真人生の探求」(中村天風)

   4月11日(火)  天賦の潜勢力



 が然し、これでは折角万物の霊長たる人間として、この世に生まれて来たかいがな
い。生まれがいのない人生、それはまた活きがいのない人生ということになる。多く
いうまでもない、人生に活きる以上はどうしても生まれがいのある、そして活きがい
のある人生に活きなければ、どの点から考えてもうそである。

 然も、それが何としても、人間の力で出来得ない事なら兎に角、人間の生命に現存
する真理に対する正しい判断と理解とを現実に人生に施して、実践,之に伴えば、寧
ろ極めて容易なことだという点を考えれば、一体何の必要があって不甲斐ない人生に
活きるのかということになる。

 言い換えれば、生まれがいのある人生、活きがいのある人生というものは、相対的
には一見不可能のように考えられるが、一度生命内奥の潜勢力を発現せしめ得れば、
それが断然絶対的可能のものであることが分かるのである。

 であるから、現在よりもより良い人生に活きようと望むならば、何を措いても、先
ずこの自覚を厳粛にわが心に促すことが、そもそもの第一歩であり、人生への最大急
務である。

 まこと、峻厳なるかな人生! それは、どんな富の力を以てしても、更に地位や名
誉の力を以てしても、到底完全に解決しない。まして、屁理屈や、空威張りや、間違
いだらけな自己断定や、独りよがりの自惚れを以てしては、なお更のことである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする