2017年05月12日

「真人生の探求」(中村天風)

   5月12日(金)  現代人の生活法



 何れにしても、以上四つの生活法は、その何れも、すべて心身の統一されていない
生活法で、人間の本来の面目に即応していない生き方なのである。その証拠には、以
上の生活様式で人生に活きている人達は、何れも日々の人生を、露骨にいえば何とは
なしに、一種の焦燥なり、恐怖なりを心に感じて活きている。即ち、いつ病に取りつ
かれるかも知れないとか、或は忌まわしい不運に陥らねばよいがというように、年中
ほんとうに心のゆったりと落ち着いたことがなく、常に僅かなことにもびくびくいら
いらして、その上くよくよするか、せかせかするか、でなければ始終不平不満を心に
抱いて、ぶつぶつ言い暮らしている。

 それも、人生というものがそうした世界なら、敢て何もいうことはないのである
が、人間の世界というものは、決してそんな価値のない世界ではなく、もっと輝かし
い恵みの漲って居る世界であることを思う時、そうした生活様式が、断然大きな寸法
違いであることが分かると思う。即ち、もっと簡潔にいえば、以上四種類の活き方
は、純正な人間生活からおよそ距離のある間違いであるからである。純正な人間生活
の様式とは、前に述べた「人間の本来の面目に即応した心身の統一された状態の活き
方」なのである。

 それでは、何故に、心身統一された活き方が、最も正しい合理的のものかという
に、それはあえて難しい理論的説明を施す必要もなく、静かに人間の命の「ありのま
まの姿」を見れば直ちに分明すると思う。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする