2017年06月07日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月7日(水)  神経系統の重要性



 勿論、対症療法というものも、或る程度必要には相違ない。然し、由来疾病の治癒
するというのは、それが何の種類の病症であろうとも、いずれも、体内に存在する自
然良能力、という特殊作用の力である。たとえ、世界一の名医であっても、この自然
良能力の減退している人の病患は、何としても完全治癒に導くことは出来ない。例え
て言えば糠に釘を打つよりも難しいことであるからである。

 従って、病を治す根本要訣は、この自然良能力の完全発動を促進することを先決問
題とするので、対症療法だけでは、どれほど入念にこれを施行しても、到底所期の効
果を理想的にすることは不可能なのである。

 事実において、対症療法だけで一切の疾患がよく全治するものなら、医者もその苦
労を減少するであろうし、第一人間もどんな病に対しても安心しておられることにな
るのだが、そうはうまく問屋が卸してくれないのが実際である。

 何故、内臓疾患に対し、内臓それ自体に対する対症療法だけでは嘱目すべき治癒効
果を挙げ得ないかというと、上述した一番肝心な自然良能力が、内臓それ自体に存在
していないからである。それではその自然良能力というものは、体内のどの部処に存
在しているかというと、これまた神経系統の生活機能内に、厳として存在しているも
のなのである。このような確固とした事実を論点とする時、洵に神経系統というもの
は、取りも直さず、生命確保の中枢的存在だと結論される。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする