2017年06月18日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月18日(日)  How to do ?



 そこで、次に知らねばならぬ重要な事項は、それではどうすれば、こころをどんな
場合にも常住積極的に把持し得るかという現実的の重大問題に就いてである。

 というのは、たとえこれ迄の説明が、どれ程徹底的に理解されても、肝腎要のこと
は、「積極的精神の現実作成」ということである。およそこの事柄が正しく会得され
ない限りは、これまでの理解は知らないよりは良いという程度で終わるのみならず、
どうすれば心を積極的に保ち得るかということを会得しないと、時とすると、この理
解を知らない時よりも、二重三重の苦悩を心が感ずることになるのである。即ち、知
らない時と違って消極的の心の態度の影響を知っているだけに、自分が万一その時積
極的の心持になれないと、それを必ず煩悶し、苦慮するに相違ない、すると心はます
ます消極的の加重率を増加して、より一層不良影響を増大することになる。

 ところが、特にここで厳粛に諸君の注意を真剣に促して置かなければならないこと
は、これまでに説明した心と生命との消息は、古往今来、人生を研究した学者識者の
仲間から、大なり小なり論述発表されている。然し、彼等は殆ど一様にといってよい
程、「心身はかくの如き、相関関係の下に在るのであるから、心を常に何物にも捉わ
れず、無碍自在の境地に活かすように心がけるべし」 といって、平然とそれで結論
している傾向が多分にあるのである。



 
posted by 林田カイロプラクティック院 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする