2017年06月24日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月24日(土)  精神力の強化



 であるから、大いに批判するもよし、疑うもよしであるから、願わくは先ず実行を
何よりも先にされたい。

 そうすれば、何らかの効果事実が、諸君の自覚領に映じて来るので、そうなれば否
応なく真理を柔順に肯定するに至るのは必然であるからである。

 そこでそれでは「積極精神作成の実際方法」 として、先ずどんな手段と方法とを
行うべきか? というと、結論的にいえば、積極精神=心の強化 ということを現実
にする要訣は、行住坐臥の刹那刹那、その態度を、出来得る限り「明るく」「朗らか
に」「活き活きとした勇ましさ」で人生に活きることである。

 然し、このことは、ただそう思った、悟ったというだけでは、決して徹底するもの
ではない。単にそう思った、考えたというだけで、すぐ様心の態度がそうなり得るの
なら、何の問題もないが、中々そうはうまくいくものではない。或は一時的にはそう
なり得ることもあろうけれども、また何かと消極的の衝動や刺激を心に受けると、い
つの間にか元の木阿弥に立ち返ることが多い。だからただそう思った、考えたという
だけでは、思わないよりいく分は良いというだけのことで、その目的は完全に達成す
るものではない。

 要は、行うに法を以てせずんば能わずである。

 では、その法とは如何? というと、先ず第一に知らなければならないことは、精
神錬成の方法は、飽くまで精神中心主義でないと、よくその目的を達成し得ないとい
う事柄である。

 分かり易くいえば、心のことは、直接心そのものに対する方法を以てしなければな
らないということである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする