2017年06月30日

「真人生の探求」(中村天風)

   6月30日(金)  健康への要諦





 こうしたたとえ話は、書き出せば殆ど枚挙に遑のない程多数に存在しているので、
こういう私なども中年にして肺患に犯され、然も、専門家の言うGalopp 性という、
極めて進行の早いものに犯されたのである。肉親に医者が多かったが、皆私に再起不
可能の見切りをつけたのであるが、幸いにも、自己啓発に依って精神を強化し得てそ
の難病を克服し、爾来極めて壮健になり得たので、その体験を経とし、更に自己の研
究を緯としたものを心身統一法と名づけ、その宣布に三十有余年間大した衰えも感ぜ
ず、今日に及んでいる。こうした事実は一体、何を物語るものであろうか、否、私が
前節において、よく世人が言う処の「健全な肉体に健全な精神宿る」 という言葉
は、真理ではないとはいわぬが、然しそれは強いて真理という言葉を使用するなら
ば、相対的真理というべきで、決して絶対的真理ではないといったのは、その理由が
実にこの点にあるのである。

 もっと分かり易くいうならば、絶対真理なるものは、今一つ他にあるからである。

 ではそれはどんなことかというに、曰く、「健全な精神が、健全な身体を作る」 
ということである。これこそ洵に、昭として犯すべからざるの絶対真理なのである。
然も、この健全精神=私の提唱する積極精神 というものは、肉体のみを本位とした
方法や手段では、どんな努力を敢行しても、これを完全に作り上げることは断じて不
可能である。

 ただし、この意味は肉体に施す方法を全然不必要だというのではないことを、誤解
されぬよう注意されたい。勿論、心身相関の関係の下に活きている以上、肉体に施す
方法もある程度必要とすることはいうまでもないが、それより以上、精神に直接的に
施す方法の方が先決的に必要であるということを力説しているのである。

 一体、「健全な肉体に、健全な精神宿る」 という思想が、絶対的真理のように普
遍的に思われるようになったのは、十七世紀以後のことらしい。即ち物質文明の擡頭
期頃からのことのようである。然し、由来この言葉の語源を探求して見ると、決して
そうした意味で作られたものでないということが分かる。

 参考のため、今これを下に摘記することにする。

“Orandum est,ut sit mens sana in corpore sano” 
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする