2017年07月16日

「真人生の探求」(中村天風)

   7月16日(日)  自己暗示誘導法



 その方法というのは、大略下の数種類である。

○観念要素更改のための自己暗示誘導法

  (イ) 連想暗示法

  (ロ) 命令暗示法

  (ハ) 断定暗示法

  (二) 付帯要項

     其の一、日常の言行

     其の二、感謝の生活と三行

     其の三、三勿の実行

 以上列記した項目は、頗る多様のように感じられるかも知れないが、どれも極めて
実行し易いものばかりである。

  (イ) 連想暗示法



 この方法は要約すれば、意識的に積極的思考を作り、それを吾が心に思念連想する
ことに依って観念要素の更改を現実にする方法なのである。

 尤もこの種の方法は、夙に外国の哲学者や、心理学者等に依って、大同相異的に考
案応用されたもので、我が国に古来からある、かの坐禅行も、またこの方法の変則的
応用法だともいえるのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする