2017年07月29日

「真人生の探求」(中村天風)

   7月29日(土)  連想暗示法



 ところが、こうした忽せにし得ない実際消息が、厳として存在しているにかかわら
ず、世人の多くは、寝がけというと殊更に昼間心に感じた怒りや、悲しみや、怖れ
や、その他消極的のことを、より一層鮮明に心のスクリーンに映写しなおして、清く
尊くたのしく過ごすべき床の中にまで、命も魂もけがしてしまうような穢れを持ち込
んで、中にも滑稽な人になると、それをいつまでも心から離さず、徒に神経を昂奮さ
せ、空しく半夜転々として寝もやらず、ますます心の消極化を増大してしまうとい
う、愚か以上の無茶なことを行って、知らぬこととはいえ、ただ単にそれが精神生命
だけでなく、命の全体にまで測り知れない大きい損害を与えているということを気づ
かずにいる。

 これというのも元来、睡眠の直前の心の持ち方というものが、どれほど生命に対し
て重大なものであるかを知らないため、その神聖さを保とうとしないからである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする