2017年08月03日

「真人生の探求」(中村天風)

   8月3日(木)  (ロ) 命令暗示法



 然もこの方法も、応用範囲の広い普遍的のもので、学生などの成績不良とか、矯正
し難いと一般から考えられている夜尿症とか、吃音などという種類のものまで、かな
り確実な効果を挙げられる便利な方法である。

 参考のため、その種類の人々の用いる命令暗示の言葉を摘記すれば下のとおりであ
る。 ○ 成績が不良な場合には、例えば数学とか語学とかいうものを「成績が良く
なる」 といってはよくないので、そういう場合は、その人の不得手なものを、その
人が「好きになる!」 と命令するのがよいのである。好きになれば、自然とこれと
親しむことになり、嫌でも成績は向上するのは火を見るより明らかである。

○ 夜尿症には「便意を催した時必ず目が覚める!」 と命令するのが一番良い。夜
尿症とは、共通的に無意識的に、寝床で放尿するもので、本人が目覚めれば、決して
寝床で放尿するという失敗は行わないからである。

○ 吃音矯正も「吃音が治る!」 と命令するよりは、「吃音を気にしなくなる!」
と命令する事である。吃音とは、一種の習性的のものなので、本人自身が、自己の吃
音を気にかけ、恐怖すればする程、ますます吃音的になるもので、これは心理状態
と、言語機能=発声神経との密接な関係にもとずくのであるから、反対に吃音を気に
しなくなると、自然と吃音は拭うように矯正されるものである。現にこういう私も、
少年の時かなり烈しい吃音者であったのが、この方法で完全にその習性を治し得て、
今は流暢に発現し得る人間となっている。

 なお病の人もまた同様で「病が治る!」 という言葉で命令したのでは、奏功確実
でない。病を早くなおしたければ、「病を気にしない!」 という命令語が最も適当
なのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする