2017年08月14日

「真人生の探求」(中村天風)

   8月14日(月)  (その一)  日常の言行



 たとえば健康問題に係る考え方も、.ああしたらわるいだろう? こうしたら障る
だろう? とか、運命問題も、到底突破できぬとか、立ち上がれないようになるだろ
う? とかいつも暗い方面のみを見て、少しも明るい方面にその心を振り向けようと
しない、従って、その人生に何の活気もなく、寧ろ極言すれば陰惨なものさえ感ぜし
められる。

 これでは人生五十年何の価値も無いのである。

 多くいうまでもない。人生とは観念の世界である。気分の娑婆である。

 だから、他人はどうあろうとも、自己だけは、どんな窮地に立った時でも、その心
の積極性を失わないように、言語などは特に、雄々しく勇ましくあれということであ
る。

 考えて見るが良い。やれ困ったの、やれ情けないの、やれやり切れないの、やれ悲
しいの、やれ恐ろしいのという時、自分自身颯爽たる勇ましさを感じるかどうか。

 更にその言葉のために、自分の活きる世界がよくもわるくもなるという、目に見え
ない宇宙真理の厳存することを考える時、ほんとうに、自分の言葉には、どんなこと
があっても消極的なものを使わないことである。

 実際、ただ単に、消極的な思考でさえ、自己の人生に良くない結果を作る原因とな
るのに、それを更に言葉で表現すると、一層それを加重して印象することになるとい
う事実現象を想えば、言葉には常に積極性を失わない注意こそ肝要である。否この心
がけを実行することに意を用いると、自然とそれがまた習性化して、やたらと無分別
に消極的の言葉を使用しなくなるという理想的な人生に活きられるようになるのも当
然のことである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする