2017年09月16日

「真人生の探求」(中村天風)

   9月16日(土)  神経反射作用の調節法



 先ずその順序として、神経叢というものから説明する。

 神経叢とは、分かり易くいうと、生命維持に必要とする活力の貯蔵処なのである。そして、この神経叢は、体内枢要部の各所に相当夥しく散在している。俗に急処と称する部処は、おおむねこの神経叢の在る処だと思って差し支えない。そして、この神経叢の中で一番密集度を高度に保有している処は、心窩、俗にいう(みぞおち)で、解剖学的にいえば、横隔膜神経叢の在る処である。だから、この心窩部には、また一番多量に活力が保留されているのである。

 現に古来から武術の方では、この部処を急所中の急所(水月)と称し、この部処に強打を受けて気を失った際には、施すべき方法がないとさえいう位である。

 由来活力というものは、これを精神科学的にいえば、先ず脳髄府中の松果系、一名是を、脳砂ともいうが、これに受容せられ、そして更に脳髄機構を経て、横隔膜のある即ち心窩部内の最大な神経叢に送られ、一旦これに保留された後、全身の必要に応じて各細胞に分配頒布するため、各要所に散在する各神経叢に送致されるということになっている。

 ところが感覚や感情の刺激衝動を受けると、その程度に応じて生命エネルギーは、必然的に相当の損失を受ける。そこでその場合この最大な心窩部内の神経叢内から、その保留した

活力を急激に異常放出をする。そし生命の被る損失を補填するのである。が放出すると同時に放出した分量だけ、また直ちにそれを自然が補充してくれれば、別に何の問題もないのだが、そうは行かないのである。即ち活力というものは、失う時は刹那的で時として無限であり、受け入れるのには時間的で有限なのである。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする