2017年10月18日

「天風誦句集」(一)

   10月18日(水)  一念不動の誦句



 私は、私の求むる処のものを、最も正しい事柄の中に定めよう。そしてそれをどん
な事があっても、動かざること山の如き盤石の信念と、脈々として流れ尽きざるあの
長い川の如く、一貫不断の熱烈なる誠をもって、その事柄の実現するまで些かも変更
することなしに、日々、刻々、ハッキリと心の中に怠りなく連想して行こう。丁度、
客観的に看察するが如くに-------。

 私は最早、消極的の思想や観念や又は暗示に感じない。またそうしたものは私を動
かすことは出来ない。私は断然そうしたものより、より以上のものである。私は最早
あらゆる人生の中の、弱さと小ささとを踏み越えて居る。

 そして、私の心は今絶対に積極である。

 おおそうだ、私の心は勇気と信念とで満ち満ちて居る。従って私の考え、私の言
葉、それは何れも颯爽として、いつも正義である。

 だから、私には人生のあらゆる場面に奮闘し得る、強い強い力が溢れて居るのだ。

 そして私の人生はどんな人の世の荒波に脅かされても、あの大岩の上に屹然として
立つ燈台のように、平静と、沈着と、平和と、光明とに、輝き閃いて居るのだ。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする