2017年10月19日

「天\xEFL\xD5b句集」(一)

   10埖19晩左矢印2直⇄  俐祇寄歴の\xD5b鞘



 そもさん、令吉かりそめにも爺仇の咀\xBFFに\x90{まれて、嵐麗の\xEB\x91\xE9Lたる繁\xE9gとしてこ
の寄嚴帑の嶄に伏まれし參貧、枠ず及匯に岑らねばならぬことは、繁伏に\xBDjまり贋壓
する喞傲裏虫なる嚴帑寔尖なり。

 \xD5\やこの徭\xD2\x99を屎しく\x85\x97かになし誼なば、糊て箔めずとてもその附を宗やかに、そ
の\xDF\凋を才やかにするを誼ん。これぞ屎に認硬孅として帰贋する恊\x85\x97係すべからざる
繁伏の\xE2\x9F\x84tにして、また舞ながらに協められたる\x84咾ǂ垢戮ǂ蕕兇襪量貔蹐覆蝓左向き三角1靴\xAB
も伉より浪ばんかな、令吉書や屎に噺\xDCSする湖爾に冓びつつこの虫\xD6Bとその返粁とを
岑れり。ああこの侑い、この\x90{み▷ そも採をもってかたとえん。

 \xEE\x99みれば、\xDC\x9E?として繁伏の\x90\x9Eえと\x90\x98みに逗しみしことラ定埖▷ 書やわれ\xC6\x9Dに詩
隼として\x9Fo苧の痴いより\xD2\x99め、徭\xD2\x99厚伏の寄祇に秘るの\xE9v\xE9Tに羨ち、伉凛屡に\xE9_けて
佩く返に\x96儿眇\x9D岱たる繁伏を李み誼し書晩、令が伉はただひたすらに冱い嬬わざる
の、尫りなき\x9AZびに啾み羨つ。

 隼り▷ 弊の繁?のすべてのすべて、よしや源\xD9F\x96凭_兆\xE9T兆圉の繁と\xEBmも、侭\xD4皅
わい誼ぬこの\x9AZびとこの湖爾▷

 \xD5\▷ \x90{まれたる令よと房えば、などかこの恊き咀\xBFFをとこしえに梨れ嬬うべき。
されば\x88圓囮「販瓩ⓟ弔砲海\xCE\x9AZびとこの侑いとを功\x8F\x8Aく峅えつけて、匯吭\x8C\x9F伉、\x83o柩
適薦、\x8Cg樹巧佩、ふたたび繁伏\x9Fo徭\xD2\x99の\xDF^ちを\xC0Rり卦さざらんがために、\x85\x97かに郡福
の厭を返にし、ひたむきにア貧の匯揃へと\xEFS訪と\xDF~\xDFMし、令吉の廖むこの弊順に\xD5\と
\x90曚汎什佑忙遒C鵑箸垢詒砲諒鈇魘爐ǂ蕕靴爐襪戮壯n箸困修猟9\xA0の繁とならんこと
を、徭ら、徭らの伉に\x85\x97として閉わん。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする