2017年11月23日

「錬身抄」(中村天風)

   11月23日(木)  勤労感謝の日  呼吸と空気



 この地球上の生物の生命はその生命に存在する呼吸作用というもので、絶対に保た
れている。即ち呼吸をするということは言いかえると活きているということであり、
呼吸をしないものは、生命の流れが全く止まっているものだと言い得る。

 そもそも呼吸なるものは、要言すれば、吸酸除炭のために行うものである。これを
哲学的に考査すると、呼吸作用なるものがより一層深甚なる力と働きとを吾人の生命
の上に及ぼしている。呼吸作用は、一般科学者の考えるが如く、ただ単に吸酸除炭の
作用を行うのみでなく、もっと広範な意味で、生命を現実に活かすのに必須うなる、
活力=Vril なるものを、その命の中に充実せしめる特殊作用がある。



     理想的呼吸法

 完全呼吸法=統一式呼吸法



 肛門を意識的に軽く締めること、同時に肩先の力を抜いてその全部を極めて緩やか
にしてさらに下腹部即ち臍下丹田に力を入れる。

 そうしてから、出来るだけ静かに出来るだけ長くそして深く呼吸する。ただ無邪気
に自己調和体制でその呼吸が深く長くありさえすればよい。

 そして、この呼吸法は、決して一時に長い時間を費やして行うに及ばない。一回、
三呼吸〜五呼吸位にして、一日の中で、機会ある毎に、屋外もしくは廊下又は居室の
窓を開放して、比較的新鮮の空気のある場所をえらんで、しばしば行うのである。

 但し、朝起きた時と、就寝の直前には、必ず、五呼吸〜十呼吸を行うことは健康建
設への最も良い習慣である。
posted by 林田カイロプラクティック院 at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする